NFT

Xverse Walletとは?特徴や作り方を徹底解説!

悩んでる人
  • Xverse Walletって何?
  • 作り方を教えて!

こんなお悩み解決します。

Xverse WalletとはビットコインNFTを扱うことができるウォレットです。

本記事ではのXverse Walletの特徴や作り方を紹介していきますね。

この記事を読めば、初心者でもXverse Walletについて網羅的に知ることができますよ。

✔ 本記事の信頼性

【手数料で損していませんか?】

なお、ビットコインNFTを買うにはビットコインをOrdinals Walletに送金する必要があります。

ただし、コインチェックやビットフライヤーからは直接送金できず、Bybitなどを経由しなければなりませんがその分手数料が発生してしまいますよ。

そのため、唯一国内の取引所からビットコインを送金できるGMOコインで口座開設しましょうね。

\無料、最短10分/

【無料】GMOコインで口座開設する

Xverse Walletとは?

公式Webhttps://www.xverse.app/
公式Twitter@xverseApp
ロードマップhttps://github.com/secretkeylabs/xverse-roadmap
運営会社@secretkeylabs
代表@YukanL

Xverse Wallet (エックスバースウォレット)とはビットコインNFTである『Ordinals 』を保管することができるウォレットです。

いままで、NFTを取扱う際によく使っていたのは『Metamask』ですよね。

このMetamaskはイーサリアムネットワークを元に使用することができるのに対して、Xverse Walletはビットコインネットワークに対応しています。

Xverse Walletの特徴

Xverse Walletの特徴は全部で3つあります。

ポイント

  • ビットコインNFT『Ordinals 』を保管できる
  • Stackingでビットコインがもらえる
  • スマホでもPCでも使用可能

詳しく解説していきますね。

 ビットコインNFT『Ordinals』を保管できる

NFTといえば、今までイーサリアムブロックチェーン上のものがほとんとでした。

MetamaskやOpenSeaなどはイーサリアムチェーン上のサービスですよ。

くにあつ

そのため、ビットコインブロックチェーン上に存在するNFTである『Ordinals』を保管したり売買したりするには、新たなサービスが必要になってきます。

そこでビットコインチェーンに対応しているのが『Xverse Wallet』であり、『Ordinals』を購入したり、自分で発行したOrdinalsの受取・保管をすることができますよ。

≫ Ordinalsについては『ビットコインNFTの『Ordinals』とは?特徴や始め方を徹底解説!』を参考にしてくださいね。

 Stackingでビットコインがもらえる

Xverse Walletではビットコインチェーン系列であるStacksチェーン上の仮想通貨『STX』をステーキングすることで、ビットコインを得ることができます。

ステーキングとは、一定期間預けることでそのリターンとして仮想通貨やNFTをもらえる仕組みです。

銀行預金の利子のような仕組みですね。

くにあつ

 スマホでもPCでも使用可能

Xverse Walletはスマホでもパソコンでも両方使うことができます。

スマホはiOS、Androidの両方に対応していますよ。

パソコンではChromeの拡張機能として使うことができ、従来のMetamaskとかなり似ていますね。

くにあつ

Xverse Walletの作り方(PC版)

それではXverse Walletの作り方を解説しますね。

Xverse Walletの作り方は全部で3つです。

ポイント

  • Xverse Walletをダウンロードする
  • Xverse Walletを設定する

詳しく解説していきますね。

 Xverse Walletをダウンロードする

まずはXverse Walletの公式アプリをダウンロードしましょう。

≫ Xverse Wallet公式サイトへいく

右上の『Download』をクリック。

右にある『Download for Chrome』をクリック。

『Add to Chrome』をクリック。

『拡張機能を追加』をクリックします。

画面右側に『Xverse Walletが追加されました』という文言がでればOKです。

ちなみに、パズルピースのボタンをクリックし、くぎのマークをクリックすることでタブにピン止めすることができますよ。

 Xverse Walletを設定する

次にXverse Walletの設定を完了させましょう。

先ほどピン止めしていた場合はXverse Walletのアイコンをクリックします。固定していなかった場合は右にあるパズルピースのアイコンからXverse Walletを選び開いてください。

『Create Wallet』→『Next』→『Next』の順番にクリック。

『Continue』→『Accept』の順番でクリック。

『Backup now』→『Show』をクリックします。

そうすると秘密のシードフレーズが表示されるので、必ず紙に書いて保存してください!

このシードフレーズとは1つのウォレットに1つずつ与えられ、ウォレットを復元する際に必要になってくるものですよ。

「秘密のシードフレーズ」は誰にも教えないでください。
誰かに知られてしまった場合、NFT等を盗まれる可能性がありますので、きちんと保管してくださいね。

メモが完了したら、『Continue』をクリック。

次に先ほどメモしたシードフレーズを入力して『Verify』をクリックすれば完了です!

単語と単語の間にはスペースを入れるのを忘れないでくださいね。

くにあつ

 パスワードを設定する

最後にパスワードを設定していきましょう。

最初の画面でパスワードを入力し『Continue』を選択。

次の画面でもう一度パスワードを入力し『Continue』をクリック。

3枚目の画像の通りに表示されれば完了です。『Close this tab』を選択して終了しましょう。

Xverse Walletの使い方

ここでは、Xverse Walletの使い方を紹介しますね。

 仮想通貨(BTC)を入金・送金する

まずはXverse Walletのホーム画面へ行きます。

PCの場合は右上のアイコンをクリックしましょう。

自身で設定したパスワードを入力し『Unlock』をクリック。

ホーム画面に行ったら『Receive』を選択。

アドレスが3つ表示されますが、それぞれ以下のような用途になっていますよ。

ポイント

  • Bitcoin専用のウォレットアドレス
  • OrdinalsとBRC-20 Tokensの専用のウォレットアドレス
  • Stacks NFTs & SIP-10 tokensの専用のウォレットアドレス

用途に合わせて使い分ける必要があります。

くにあつ

今回はビットコインを入金するので、一番上のBitcoin専用アドレスをコピーしましょう。

右側にあるコピーマークをクリックします。

先ほどご紹介したようにウォレットアドレスが複数あるので、間違いないですか?の確認画面がでます。

『I understand』をクリックします。

これでアドレスのコピーが完了するので、仮想通貨取引所からそのアドレスに送金していきましょう。

まだ口座開設していない方はGMOコインで口座開設しましょう。

コインチェックの『販売所』で買うと、スプレッドという手数料がかかってしまい最大5%ほど損をしていまいますよ…

そのため、唯一国内の取引所からビットコインを送金できるGMOコインで口座開設しましょうね。

\無料、最短10分/

【無料】GMOコインで口座開設する

Xverse Walletに関するよくある質問

作成中

Xverse Walletのまとめ

この記事で紹介したXverse Walletの内容をインプットすれば、初心者でも簡単にXverse Walletを使うことができるようになります。

最後にもう一度確認しましょう。

Xverse Walletのまとめです。

まとめ

  • Xverse WalletはビットコインNFT専用のウォレット
  • ステーキングでビットコインが貯まる
  • スマホでもPCでも対応可能

Xverse Walletを使えるようになったら、今注目を集めているビットコインNFTである『CryptoNinja Ordinals(CNO)』をチェックしてみるのをおすすめします。

≫ CryptoNinja Ordinals(CNO)については『CryptoNinja Ordinals(CNO)とは?特徴や買い方を徹底解説!』を参考にしてくださいね。

合わせて読みたい

それではまた!



  • この記事を書いた人

くにあつ

✔︎北海道出身の29歳
✔︎金融系会社員
✔︎M&Aアドバイザー
✔︎ 仮想通貨・NFT・メタバースに関して誰にでもわかりやいように解説します。

-NFT