NFT

いまさら聞けないPLTウォレットの作り方・使い方の手順書|初心者向け

悩んでる人
  • PLTウォレットって何?
  • PLTウォレットの作り方を知りたいけど何からやっていいかわからない…

こんなお悩み解決します。

本記事では、PLTウォレットの作り方についてまとめました。これを見れば初心者でもPLTウォレットを使いこなせますよ!

僕もNFTを始めて半年です。初心者でもわかりやく全体像をまとめました。

くにあつ

PLTウォレットに送る仮想通貨PLTを買うには仮想通貨取引所が必要になってきます。

取引所としては今キャンペーンを行ってるコインチェックがおすすめですよ!

コインチェック

≫ コインチェックで無料口座開設する

PLTウォレットとは?

『PLTウォレット 』とは暗号資産を保管することができるお財布のようなものです。よく使われているメタマスクと同等のものと考えてOKですよ。

PLTウォレットは、仮想通貨のイーサリアム (ETH) と パレットトークン (PLT) のみ保管することができ、エンターテインメント領域に特化したNFTマーケットプレイス「PLT Place」で、NFTを売買する際必要となります。

以下のように考えるとイメージしやすいですね。

よく使われるたまに使われる
ウォレットメタマスクPLTウォレット
NFTマーケットプレイスOpenSeaPLT Place

PLTウォレットの特徴

PLTウォレットは2つのアドレスがあります。

ポイント

  • イーサリアムアドレス
  • パレットアドレス

 ①イーサリアムアドレス

イーサリアムアドレスは、仮想通貨取引所からイーサ (ETH) やPLT (ePLT) を送金する際や、イーサリアム上にあるNFTの送受信を行う際に使うアドレスです。

PLTウォレットのイーサリアムアドレス上でやり取りできる通貨は ePLT

 ②パレットアドレス

パレットアドレスは、PLT (pPLT) の送金やステーキング、パレットチェーン上にあるNFTの送受信、PLT Placeとの接続を行う際に使うアドレスです。

PLTウォレットのパレットアドレス上でやり取りできる通貨は pPLT

※メタマスクを使用した際にもNetworkが色々ありましたよね。それと同じと考えてOKですよ。

PLTウォレットの作り方

PLTウォレットの作り方は全部で3ステップです。

ポイント

  • PLTウォレットアプリをダウンロード
  • イーサリアムアドレスのウォレットを作成
  • パレットアドレスのウォレットを作成

詳しく解説していきますね。

 ①PLTウォレットアプリをダウンロード

PLTウォレットはスマホのアプリのみなので、携帯のご準備をお願いします。

まずはアプリをインストールしましょう。

ポイント

最初に写真や動画の撮影をPLTウォレットに許可しますか?などの通知が来ますが、どちらで設定しても大丈夫です。

次に左下のチェックボックスにチェックを入れ、「作成する」をクリック

 ②イーサリアムアドレスのウォレットを作成

次に、イーサリアムアドレスのウォレットを作成します。

「ETH」をクリック。

次に「ウォレット名」「パスワード」を入力して「つくる」をクリック。

※ウォレット名は何でもいいですよ。

次に「ニーモニックをバックアップする」をクリック

ポップアップがでるので「確認」をクリック。

「ニーモニックをコピーする」をクリックし誰にも見えない所に保存しましょう。

ここに出てくるニーモニックフレーズは絶対誰にも教えないでください。

ニーモニックは秘密鍵なので、順番通りに保存してなくさないように注意

大切に保存したら「バックアップしました!」をクリック

最後に先ほど保存したニーモニックを順番通りに記入して「バックアップしました!」をクリック。

この画面が出てきたら完了です。

 ③パレットアドレスのウォレットを作成

次にパレットアドレスのウォレットを作成していきます。

右上の3本線をクリック。

マイウォレットの「+」ボタンをクリック。

「インポート」をクリック。

「PLT」をクリック。

先ほど保存した「ニーモニック」そして「ウォレット名(任意)」「パスワード」を入力して「インポート」をクリック。

ウォレット名は「pPLT」などがおすすめです

これで作成完了です!

ホーム画面から右上の三本線をクリックしたときにウォレットが追加されていたらOKです。

先ほどウォレット名で「pPLT」とした方はそれで表示されています。

PLTウォレットへの入金方法

PLTウォレットの入金方法は以下の3ステップです。

ポイント

  • 仮想通貨取引所の口座開設をする
  • ePLTを購入する
  • ePLTをPLTウォレットに送金する

詳しく解説していきますね。

 ①仮想通貨取引所の口座開設をする

まずはePLTを購入できる仮想通貨取引所の口座開設をします。

仮想通貨「ePLT」を購入できる取引所は、2022年8月現在、日本国内で2つだけです。

今回は初心者でも手を付けやすいコインチェックの方で案内しますね。

コインチェックの口座開設方法はこちらをチェックしてください。

合わせて読みたい

 ②ePLTを購入する

次に仮想通貨「ePLT」を購入しましょう。

まずはコインチェックにログイン。

「ePLT」は取引所で購入することになるので、スプレッドはかかりません。

画面中央にある「現物取引」の中にある「BTC」の部分にカーソルを合わせると、「PLT」という項目がでてくるのでそこをクリック。

次に「レート」「注文量」を入力し「買い」をクリックして「注文する」をクリック。

これで注文が成立すれば購入できます!

 ③ePLTをウォレットに送金

次にePLTをPLTウォレットに送金します。

再度コインチェックにログイン。

左にある「暗号資産の送金」をクリック。

送金する通貨を「Palette Token」に選択。

次に「宛先を追加/編集」をクリック。

「新規追加」をクリック

「ラベル」は好きな名前を付けます。

「宛先」はイーサリアムアドレスで作成したPLTウォレットのアドレスを入力します。

パレットアドレスで作成したPLTウォレットアドレスではないので注意!

最後に「SMSを送信」を押してSMS認証用コードを取得し、最後に「追加」をクリック。

「宛先」の右にある矢印をクリックし、先ほど登録した宛先を選択。

「送金サービス名」は「その他」を選択。

その下の名前は何でも大丈夫ですよ。

「受取人種別」は「本人への送金」を選択。

「送金額」を入力して最後に「次へ」をクリック。

この時に手数料がかかってしまいます。ただし、一度にたくさんの額を送金するのではなく、試しに少額で送金してみてください。宛先が間違っている事を防ぐためです。

最後に申請内容を確認し、「申し込みを確定する」をクリックすれば完了です!

まとめ

この記事で紹介したPLTウォレットの作り方3ステップを実践すれば、初心者でも簡単にPLTウォレットを作れるようになります。最後にもう一度確認しましょう。

PLTウォレットを作る為に必要なことは、具体的には以下3ステップです。

3 Step

  • PLTウォレットアプリをダウンロード
  • イーサリアムアドレスのウォレットを作成
  • パレットアドレスのウォレットを作成

無事にPLTウォレットを作れたら、クリプトニンジャパーティーなどのNFTゲームも挑戦してみましょうね。

合わせて読みたい

それではまた!



  • この記事を書いた人

くにあつ

✔︎北海道出身の29歳
✔︎金融系会社員
✔︎M&Aアドバイザー
✔︎ 仮想通貨・NFT・メタバースに関して誰にでもわかりやいように解説します。

-NFT