XANA

XANAの仮想通貨XETA(ゼータ)をBitget(ビットゲット)で購入する方法

悩んでる人

XETA(ゼータ)ってBitgetでも買えるって聞いたんだけどホント?

Bitgetって聞いたことないんだけど、どんなメリットがあるの?

悩んでる人

こんなお悩み解決します。

メタバースXANAと世界最大級の取引所Bitgetはもともと強力なパートナーシップを持っていましたが、この度BitgetがXANAの独自パブリックチェーン『XANA チェーン』の実装を開始しました。

これにより、Bybitなどの海外取引所で購入したアバランチチェーン上のXETAをXANAチェーンにブリッジ(変換する)という作業がなくなり手間が省けるようになりましたよ。

※BybitでのXETAの買い方は『XETAの特徴や買い方』をチェック。

本記事では、『XETA(ゼータ)をBitgetで購入する方法』 についてまとめました。

これを見れば初心者でも簡単にXETAを購入できますよ!

記事前半は『Bitget』のまとめ、後半は『XETA(ゼータ)をBitgetで購入する方法』を解説するので、じっくりとお読みください。

 本記事の信頼性

ちなみに、Bitgetの入金は全て仮想通貨となるので、仮想通貨の送金手数料が『無料』のGMOコインで口座開設を済ませておきましょう。

\最短10分で登録完了/

無料でGMOコインの口座開設をする

Bitgetの特徴

名称Bitget (ビットゲット)
設立2018年
所在地シンガポール
取引銘柄数200種類以上
スマホアプリ対応

Bitgetとは2018年に設立された海外仮想通貨取引所です。

登録ユーザーが800人以上もいて、世界各国で使われている仮想通貨取引所ですよ。

Bitgetでは特定のトレーダーの取引をまるごとコピーして取引ができる『コピートレード』というのが特徴的です。

くにあつ

XETA(ゼータ)をBitgetで購入する方法

XETA(ゼータ)をBitgetで購入する方法は以下の通りです。

XETAを購入する7ステップ

  • Bitgetで口座開設
  • 二段階認証を完了
  • bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する
  • XRP(リップル)を購入する
  • XRP(リップル)をBitgetに送金する
  • XRP(リップル)をUSDTに交換する
  • USDTでXETAを購入する

詳しく開設していきますね。

 ①Bitgetで口座開設

まずはBitgetで口座開設しましょう。

\紹介コード『xiv7』/

無料でBitgetの口座開設をする

『メールアドレス』『パスワード』を入力。

利用規約にチェックした後『アカウント作成』をクリック。

検証の画面が出てくるので、『クリックして確認しよう』を選択。

次に右上にある3つの図形の順番に画像上の図形を選択して『OK』をクリック。


先ほど入力したメールアドレス認証コードが届くので、それを入力。

Bitgetの紹介動画が出るので、見たら『スキップ』をクリック。

初心者か経験者かどちらかを選びます。

この画面がでてきた場合『入金』をクリック。

『リンク』をクリックして、二段階認証を進めていきましょう。

 ②二段階認証を完了

先ほどの続きで二段階認証ができますが、もしその画面が出てこなかった場合は、ホーム画面の右上にある『資産』→『入金』のボタンを押すと二段階認証の画面へといきますよ。

まずはGoogle Authenticatorをダウンロードします。

次に、Google Authenticatorのアプリ上で『+』というボタンを押し、『QRコードをスキャン』をクリックして、BitgetのQRをスキャンします。

そうすると、『BITGET』という項目がGoogle Authenticatorのアプリ上に出てくるとおもうので、そこの番号をBitgetに入力し『送信』をクリック。

『今すぐ入手』という部分をクリックすると、メールアドレスに認証コードが届くので、その番号を入力欄に記入して『確認』をクリック。

 ③bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する

次にBitgetに入金したいところですが、BitgetはBybit同様に仮想通貨しか入金できません。

そのため、国内の仮想通貨取引所で口座開設をしましょう。

国内の取引所ではどこでもOKですが、おすすめはリップルの送金手数料が無料bitFlyer(ビットフライヤー)ですよ。

コインチェックはアプリが使いやすくて初心者にはおすすめですが、送金手数料が発生してしまいます。

今までコインチェックを使っていた方はこの機会にbitFlyer(ビットフライヤー)を登録しましょう。

\最短10分で登録完了・スマホOK/

ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーの開設方法は以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

仮想通貨を1円から買えるから初心者にもおすすめ!

くにあつ

 ④XRP(リップル)を購入する

次に、送金する仮想通貨を購入します。

ビットコインを購入してもいいのですが、送金手数料がかかってしまい損してしまうので、XRP(リップル)を買うのを推奨します。

bitFlyer(ビットフライヤー)でXRP(リップル)を購入するときには、販売所ではなく『bitFlyer Lightning』で買いましょう。

販売所で買うと余計に手数料を取られてしまいますよ。

くにあつ

今回はスマホアプリのやり方を説明しますね。

アプリを開き、右下の『メニュー』をクリックし、『Lightning Web』を選択。

通貨のペアを『XRP/JPY』に変えて、発注方法を『成行』に切り替えます。

最後に『買いたい数量を入力』→『予想価格を確認』→『買い』をクリックすれば完了です。

この方法で安くXRPを買うことができますよ。

くにあつ

 ⑤XRP(リップル)をBitgetに送金する

次に、XRP(リップル)をBitgetに送金します。

まず画面右上にある『資産』をクリックし、『入金』をクリック。

通貨の右側にある『v』をクリックし、検索欄に『XRP』を入力し、検索結果に出てきた『XRP』を選択。

了解の✅ボックスをクリックし、『確認』を選択。

入金アドレス・タグそれぞれ、QRコードのアイコンをクリックしQRをスキャンするか、入金アドレスをコピーしビットフライヤーで登録します。

次にビットフライヤー側で操作します。

ビットフライヤーのスマホアプリの下にある『入出金』をクリックし、上の『仮想通貨』→『リップル』を選択。

次に『出金』を選択後、『アドレスを登録する』を選択。

確認メールが届きますので、メール文面のURLをクリック。

次にアドレスを登録します。

3つの項目を埋めましょう。

ポイント

  • ラベル:Bitget (なんでもOKです!)
  • リップル(XRP)アドレス:Bitgetでコピーした『入金アドレス』
  • 宛先タグ:Bitgetでコピーした『タグ』

入力して『次へ』をクリック。

次に送信先を登録していきます。

『お客様本人』、『海外取引所』を選択。

『Bitget 』を選択し、次の画面の『送付先の国地域』の項目を『シンガポール』で選択してください。

最後にプライバシーポリシーをよく読んでチェックをいれ『保存』をクリック。

そうするとSMSで確認コードが送られてくるので、それを入力。

これで完了です!

宛先が追加されているのをチェックしましょう。

あとはXRPを送金するだけ!

くにあつ

XRPの出金画面から先ほどのBitget のアドレスをクリックします。

送金するXRPの量を記入し、『出金を選択』

確認画面が出てくるので再度『出金』をクリック。

ちゃんと手数料が0円になっていますね!

くにあつ

これで完了です!

5分~10分程度で着金しますよ。

 ⑥XRP(リップル)をUSDTに交換する

次にXRP(リップル)をUSDTに変換します。

ちなみにUSDTとは、米ドルの価格にして連動して価値が変わる仮想通貨の事です。

1USDT≒1ドルになるように設定されており、安定している通貨であることから『ステーブルコイン』と言われていますよ。

日本のステーブルコインは「JPYC」といいますね!

くにあつ

Bitgetの取引はこのUSDTにより行われますので、XRP(リップル)を買ったらまずUSTDに交換しましょう。

『取引』から『現物』をクリック。

左上にある『✅』にカーソルを合わせ、検索欄に『XRP』を入力。

検索結果に出てくる『XRP/USDT』を選択。

うまく入力できないときは半角入力にして『XRP』を入力するとうまくいきますよ。

右側にある欄のうち『売却』(XRPを売るという意味) を選択。

次に注文方法を『指値注文』『成行注文』などから選び、指値の場合、XRPを売りたい価格を『価格』に入力。

指値注文の場合、左側にある赤色の数字の羅列は実際にXRPが売られている値段なので、そこを参考にするといいですよ。

あとは交換したいXRPの『数量』を入力し、『売却』を選択すれば完了です。

また、取引高の下にあるバーを操作することで、直感的にXRPの量も選択できますよ。

 ⑦USDTでXETAを購入する

いよいよ最後にXETAを購入していきます。

先ほど同様にBitget ホーム画面の上にある『取引』→『現物』を選択。

先ほど同様、左上にある『✅』にカーソルを合わせ、検索欄に『XETA』を入力。

検索結果で出てきたところから『XETA/USDT』を選択。

右にある欄のうち『購入』(XETAを買うという意味) を選択。

次に注文方法を『指値注文』『成行注文』などから選び、指値の場合、買いたいXETAの価格を『価格』に入力。

指値の場合、左側にある緑色の数字の羅列は実際にXETAが買われている値段なので、そこを参考にするといいですよ。

あとは交換したいXETAの『数量』を入力し、『購入』を選択すれば完了です!

また、Amountの下にあるバーを操作することで、直感的にXETAの量も選択できますよ。

お疲れ様でした!

くにあつ

XETAに関するよくある質問

 XETAを持っていると何ができますか?

メタバースXANAの経済圏でゲームをしたりNFTを売買したりする際に使います。

また、XETAを持っているとステーキングをすることができますよ。

XETAのステーキングはXANA: GENESISやXANA: LANDなどのレアNFTが手に入るので、参加必須ですね。

≫ XETAのステーキングの詳細は『XETAステーキングの特徴や方法』を参考にしてください。

まとめ

この記事を読み、XANAの仮想通貨XETA(ゼータ)をBitgetで購入する方法について理解すれば、初心者でも簡単にXANAプロジェクトを楽しむ準備ができますよ。

最後にもう一度確認しましょう。

BitgetでXETA(ゼータ)を購入する方法はこちらです。

XETAを購入する7ステップ

  • Bitgetで口座開設
  • 二段階認証を完了
  • bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する
  • XRP(リップル)を購入する
  • XRP(リップル)をBitgetに送金する
  • XRP(リップル)をUSDTに交換する
  • USDTでXETAを購入する

XETAを購入するためにはbitFlyer(ビットフライヤー)への登録が必須なので、まだの方はサクッと終えてしまいましょう。

\最短10分で登録完了・スマホOK/

ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーの開設方法は以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

無事XETAが買えたら、XANALIAでNFTを買ってみるのもおすすめします。

合わせて読みたい

また、国内で注目を集めている格闘技エンターテイメント『ブレイキングダウン』とのコラボNFT『XANA × BREAKINGDOWN』はこちら

合わせて読みたい

それではまた!



  • この記事を書いた人

くにあつ

✔︎北海道出身の29歳
✔︎金融系会社員
✔︎M&Aアドバイザー
✔︎ 仮想通貨・NFT・メタバースに関して誰にでもわかりやいように解説します。

-XANA